季節を追いかけて

師走

12月16日(水曜日)

今年もあと半月を切りましたね。
12月に入ってからも暖かい日が続き、”師走”って言葉が馴染まない雰囲気でしたけど、きょうは冷たい風が吹いています。
それなりに・・・冬。 それなりに・・・師走・・・を、ちょっと肌に感じた一日でした。

いつもの月となんら変わりない日々なんだけど、何故か時間に追われている感がします。
きょうは今年最後のABCの日でした。 いつも水曜日は早目に仕事を切り上げて帰っているのですが、先週も今週も人手が足りず、早目に終えることが出来ず、教室に間に合うギリギリの時間に帰ってきました。
間に合うと思ったせいでしょうか・・・通い慣れた道だからでしょうか・・・ちょっと油断しました。 あ、いえいえ、事故ではないんですよ。
10年以上も通っている道、間違えるはずがないのに、ハッと気付くと見慣れない景色が横に流れています。

”あれ~~ ここはどこ? 私はだ~れ~?” 状態・・・・・C=C=C= ?(。゜)(゜。)? 

方向音痴のひどさは誰にも負けません。 一つ筋が違うだけでもおろおろおろ・・・・どこをどう走ればいいのか皆目見当がつかず、同じ道を2回ほどグルグル回ったでしょうか。
遠くに見慣れた大型ショッピングモールが現われ、そこまで走っていつものルートに修正しました。

はぁ~~~ もぉ~~、なにやってんだか~~ でした。

1216tankirimame

1216tankirimame1

しばらくカメラを持っていませんでした。
職場のブログをアップしての帰り路、沈もうとしている夕陽と空が凛!としてきれいだったので、ちょっと寄り道してみました。
そうそう、このタンキリマメも撮ろうと思っていたのに、いつの間にか冬に・・・ 
それでもまだ実が残っていたので、夕日をバックに撮ってみました。
カメラに収めたものの、どうも思ったように撮れていなくて・・・がっくし~」」Oz

そして夕日

1216sunset

大好きな空なのに、ここんとこ撮る時間がなかったっていうか・・・撮りたい空を見なかったような・・・

お正月までちょっと忙しくなるかな?
年賀状を書いたり、お掃除も・・・そしてバアチャン役も・・・

昨夜、ちょこっと我が家に来たhiroの言葉

・・・hiroな、お家で朝目が覚めたとき、ここバアチャンとこかな~?って思うんよ。 でな、今朝はな、サカイじぃじの家かな~と思った・・・・

サカイジィジは、papaの実家。
hiroの心の中には、両方のジィジとバァチャンがいつもいるんだ・・・と思うと、彼の期待にどっぷりと応えたくなる。
週末は泊ってもいいよ~と言おうかな。

と、いうわけで、ブログの更新がちょっと滞るかも知れません。
暮れのご挨拶にはちょっと早いので、それは改めて・・・・・

明日は寒さも一段と厳しくなるようですね。
どうかお風邪などひかれませんように・・・・・

| | コメント (6)

急に思い立って・・・

12月5日(土曜日)

広島市にある縮景園を訪ねてみた。

125shukeien10


ここは、季節季節の巡りどき、地方版のニュースでたびたび取り上げられる日本庭園だ。
まだ・・ひょっとして紅葉が見れるかも知れない・・・
移り変わる季節の一片を母にも見せたくて・・・そして、どうせ出かけるならと、息子ファミリーにも声をかけた。
急な思いつきだったので、午後からのお出掛けとなってしまった。
近いとはいえ、一番日の短い時、日暮れまでどれだけ楽しめるか・・・・夫と息子の用事がすむのを待っていたら、お昼を回って1時の出発となってしまった。
予報を外れて朝からポカポカと気持ちのいい陽射しが射していた空が、高速に乗ったとたん予報通りの雨が・・・あ~め~だよぉ~~あ~あ、また雨・・・・
やっぱり、私って雨女?  それとも、先月新しく乗り替えた息子の車、この納車日が生憎の土砂降りの雨の日だった・・・そのせいか・・・???
仕方ない、雨だったらデパートでもうろうろして帰るか・・・・本当は、斜陽の中に輝く紅葉を撮りたい気持ちが強かったのだが・・・

125shukeien1

125shukeien2

125shukeien3

嬉しいことに、広島市内に入る頃には雨は上がり、薄日が射すまで回復。
どうやら通り雨だったようだ。 (*^^)v

125shukeien4


125shukeien5


125shukeien7


125shukeien9


125shukeien11


125shukeien8


朝日新聞の土曜版に、サトウハチロー作詞 「ちいさい秋みつけた」の特集が出ていた。 その中にハゼの話が出ていたが、この庭園の中でもハゼの葉がひときわ紅く燃えるように目立っていた。
「ちいさい秋みつけた」の唄が大好きだった。 いや、今でも好きだ。
この季節になると、頭の中でこの歌詞がぐるぐると回る。
3番の歌詞に出てくる、♪♪ ハゼの葉あかくて 入り日いろ ♪♪ 意味がわからず歌っていたハゼは、このハゼの木の葉っぱだったんだ~~!!  って、記事で知る。
な~んか、すっごく嬉しかった。
サトウハチローさん宅にあったハゼの木は、今は東京都文京区の礫川(れきせん)公園に立っていると・・・近場だったら見に行きたいところだ。
縮景園のハゼの木は、それはそれは大きかった。

125shukeien12


125shukeien13


足がすっかりと弱ってしまった母は、今年で80代を終える。
まだ歩けるうちに出来るだけいろんな所に一緒に行き、記憶にしっかりととどめておいてもらおう。
いつか動けなくなったときでも、少しずつ思い出を引っ張り出しては楽しめるように・・・・

125shukeien19


125shukeien18

125shukeien20

母がひと葉、ひと葉、かわいいモミジの落ち葉を拾っているのを見て、一緒に拾い集めていたmimi、この日の写真撮りは、紅葉よりもmimiモデルの写真がほとんど・・・
ここに全部載せたいほどかわいい~~♪♪・・・・って、ババ馬鹿~!!(*^_^*)

日暮れは本当に早い。
縮景園でアッと言う間に時間が経ってしまった。
このあと、少しショッピングをして帰る。
朝からおでんを煮込んでいて良かった。 今晩は我が家で晩御飯♪♪

紅葉の写真は心ゆくまで撮れなかったけど、家族で過ごせた一日は大満足だった。


| | コメント (7)

秋の陽の中で

122aki1


122aki2


122aki3


122aki4


122aki5


122aki6


122aki7


122aki8


122aki9


12月に入ったとはいえ、ぽかぽか陽気のとっても気持ちのいい日だった。
久しぶりに巡りの散歩に、カメラを携えて出かけた。
青い空と色づいた山々の風景が、意外と新鮮に映る。
ここを歩くのは・・・半年ぶり?

明日は、このお天気も崩れるとか・・・・季節の移り時は、ついついその季節を追いかけたくなる。
もう少し、この色づいた風景を楽しみたい。

| | コメント (8)

不安症候群? PTSD?(ちょっとおおげさだけど・・・)

10月27日(火曜日)

先週のことだった。
いつもの一日が終わろうとしている時間、晩御飯のあとの歯磨きをしている時だった。
かすかに近づいてくる消防自動車のサイレンの音が、一瞬消えたように思え、遠くに去っていったものだと思っていた。
歯磨きを終えた頃、お隣のご主人の・・・「あ~、燃えとるが~」の声が聞こえた。
”ん?・・・見えるの?” そう思って・・・それでも、きっと遠く離れた場所だとのんきに構えて、つっかけを履いて玄関を出た。
玄関を出たところで、ご近所さんが道路に固まって立っておられるのが目に入り、ガレージを出たところで後ろに振り返ると・・・・とんでもない光景が目に入った。

燃えとるって、すぐお隣じゃない~!! ('o'=) ウソ!?

あわてて家に戻り、「お母ちゃん、大変! すぐそこが火事! ウチが燃えるかもしれん・・(@@;))))~~(((((;@@) うろうろ

とりあえず・・・あぁ、何を持って出ればいいの?・・・あぁ、もう嫌~~!!

貴重品、それからバッグ、とりあえずひと組の着替え・・・あ、そうそうカメラ~~

「お母ちゃん、用意が出来た?」 そう問いかけながら母を見ると、大きな風呂敷包みを抱えていた。
「お、おかあちゃん・・それ、何?」 「貴重品と服・・・・」
なにもそんなに洋服を持って出んでも・・・・何日分用意しているんだろ・・・と、思いながらも、あとは何を?
アルバムも燃えたら嫌だしなぁ・・・・・あぁ、あれも・・・これも・・・
いや! いや! いや!!! 家にあるもの、どれ一つとっても燃やしたくない。 燃えたら困る。
悲しくて、怖くて、心の中で、神様~助けて・・・助けて・・・って叫んでいた。
消防自動車が来てから、まだ数分しか経っていないのに、火元の火柱は屋根を突き破って天高く吹き上げていた。
こんなひどい火事は、今まで見たことがない。 そしてこんなに近くで・・・・
幸い風がないのが救いだけど、消防自動車が何台も、何台も来たのに、鎮火まで1時間もかかった。
吹いていないと思っていた風だが、西から東に向いて吹いていたのかも知れない。
火元の東隣の家まで全焼、西隣の家の二階部分が延焼、そしてガラスが割れたり、雨どいが溶けたりの被害を受けられたお宅が他に2軒,3軒と、大きな被害をもたらす火災となった。

あの火柱を見てから、私はすっかりと夜が怖くて、精神的に参ってしまった。
この部屋のドアを開けたら燃えているのじゃないか・・・寝ている間にお隣が火事になるのじゃないか・・・思わないようにしようと首を振って打ち消すけど、胸の奥が騒がしく苦しくなる。

これじゃいけないと、あのシーンを記憶から消そうと、きょうは母を誘って美しいものを見る場所を求めて出かけることにした。

数日前から、福山城公園で菊花展をしているはず。
母は、昔大輪の菊の花を咲かせていた。 母方の祖父は、大輪の菊を育てるのが好きで、毎年温室の中にたくさん咲かせていた。その祖父ゆずりか影響を受けたかで、母も何年間か菊を育てていたのだ。
きっと母も喜ぶだろうと、秋日和の中に飛び出た。

その前に・・・ランチ~~♪

いつもABCのお仲間さんと行く、レストランのポイントカードがいっぱいになったので、それを利用して・・・

1027lunch

サンマルコで・・・・ポイントカードを利用したので、二人で600円也~~♪
なんだか悪いな~~(*^_^*)

1027castle


小学生の野外活動、幼稚園の遠足・・・そんなかわいい団体さんのほかは、ちらほらの見物客。
昔菊人形っていうのがあったな~・・・あれは尾道だった・・・その頃、この季節になるとたくさんの人が訪れて賑わっていた。 私も数回訪れたことがある。
あの時に感じた違和感、それと同じような気持ちがふっとわく。
菊の花、きれいなんだけど・・・・なんだろ・・・ときめかない。 
シャッターを押そうとファインダーを覗くが・・・・ふ~~・・・どこを撮っていいのやら・・・

あ! そうだ! そういえば、城址公園の中に茶処が開店したと聞いたことがある。

”福寿会館 茶処ばら”

案内板に従って足を向けてみた。

お城の裏門の近くのテニスコート、その裏手の門が開いている。
ここなのか?・・・・そういえば、この門は、ず~っと、ず~っと閉ざされたままだった。

1027fukujyu1

門の中に一歩足を踏み入れると、ここが市の中心地とは思えないほどの静寂さ、

1027fukujyu2

こんなところにこんな趣きのある庭園があったなんて・・・

ここは、かつては豪商の別荘だったとか・・・

茶処で、お茶を運んで来て下さった方から、ここのゆわれを聞く。
こんなところだったそうだ


1027fukujyu3


1027fukujyu4


1027fukujyu5

ふ~ん~ ここから眺めるお城もいいね~♪
いつも同じ角度からしか見たことがなかったけど、ここからの姿が一番美しいと思った。


1027fukujyu6

母はお菓子付きのお抹茶を、私は抹茶ケーキとアールグレイの紅茶セットを頂きながら、窓の外の眺めを楽しむ。
耳には心地いいショパンのピアノ曲。
鳥のさえずりとピアノの調べ・・・・・陽の射しこみが優しく、騒がしかった心が鎮まる。

ここに来て良かったね・・・・
そうだね~・・・と、言う母もきっと心地良いのだろう。 短歌を詠む言葉がもれる。


1027fukujyu7

少女の頃憧れていた建築様式。
あぁ、出来ることなら、ここで日々を送りたい・・・・なんて~(*^_^*)

1027fukujyu8

洋館も、廊下続きの日本建築も、どちらもいいな~


1027fukujyu9

建物の中を見学したかったけど、きょうは座敷の方で何かの催しが開かれていて、見ることが出来なかった。
またの機会に再び訪れて見学させてもらおう。

1027museum

何度も、何度も訪れているお城なのに、初めての場所が新鮮で、思いがけずいい時間が過ごせた。

「遠くに行かなくても、いい気分転換になったね~」と、母。

うんうん、これでちょっとは私の心の騒ぎも治まるかもね。

それにしても・・・あぁ、早く夫の出張終わらないかな~~・・・・・私、やっぱりあなたなしでは生きられへんわ~~怖くて、不安で・・・・~~(*^_^*)


| | コメント (10)

きょうから9月

9月1日(火曜日)

今年の梅雨明けは8月に入ってからだった。
待ち望んだ梅雨がやっと明けても、透きとおるような青空はなかなか現れなかったような気がする。

9月に入った今朝の空気のさわやかなこと!
そして青空も・・・・本当に久方ぶりにみる雲一つない青空!

ず~っと待っていた青空に、カメラを向けたくなって車を走らせた。

91ashidagawa1

これは、我が家と真反対の住宅地にある展望台からの眺め。
娘が高校生だった頃、懇談会に通って知った場所だ。

ゆたゆたとたゆらかに流れる芦田川

91shigai1

中心地を見降ろして・・・・駅かいわいは高いビルが並ぶけど・・・・

91shigai2

少し離れると高いビルはまばらに。

ず~っと向こうに、かすかに見える工場地帯は・・・JFEスチールかな?

確か昨年の今頃もここを訪れたような気がする。
その時もきっと夏から秋に代わろうとする青空に誘われたんだと思う。
陽ざしの下はまだまだ暑いけど、陽の光は真夏のそれとは確実に違う。
今年の夏は遊び足りなくて不完全燃焼・・・・去っていく夏を追いかけたい気持ちも少し・・・・


・・・・・ダイナソーとドラゴン

さてさて、これな~んだ!!

91dinosaur

友人がブログネタを提供するよ~~♪ってくれました。
ね! 恐竜に見えませんか?  姿の通り”恐竜カボチャ”って言うんですって!
初めて見ました。
残念ながら食べられないそうで、おもちゃカボチャ・・・鑑賞用です。
今、恐竜に興味を持っているhiroに見せたら、きっと大喜びするだろうな~(*^_^*)

で・・・こちらは↓

91dragonfruit


ドラゴンフルーツ
こちらもお初のフルーツです。
お隣さんから頂きました。

91dragonfruit2

食べ方を教わったら、冷凍してから食べるんだそうだ。
凍ったドラゴンフルーツを半分に切って、スプーンですくって食べるんだって。
ほんのり甘いシャーベットになりました。
南方の果物は、匂いが強かったり、味にちょっと癖があったりするものが多いけど、このドラゴンフルーツはシンプルな味でした。
特別においしいっていうほどでもないけど、こんな風にシャーベットにして食べるとアイスクリームよりかいいかもね。


| | コメント (7)

部分日食だけど・・・

7月22日(水曜日)

天体が大好きな私としては、見逃すわけにはいかない・・・と、46年ぶりに日本で見られる皆既日食のニュースをず~っと気にかけていた。
当地としては、皆既日食ではないものの、それでも9割近く欠ける日食が見られるという。
皆既日食・・・実は一度見たことがある。 年齢がわかっちゃうけど、小学生の時・・・その時、教室の窓から見る校庭が、まるで夜になったような・・・幻想的な風景に地球がどうかなるんじゃないかという恐れとも不安とも・・・美しさや神秘性よりもそういう怖さの方を大きく感じた覚えがある。

でもそれ以来、何十年に一回というサイクルでしかみられない皆既日食を、もう一度見たくてたまらなかった。
今回は皆既日食ではないけど、ほぼそれに似た経験が出来るかもしれない・・・と、早々と仕事の休みを取っていた。
昨日は、お隣の県では、大災害が起きるほどの雨だった。
長期予報の、きょうの天気は曇り時々雨だった。
日食グラスなるものも買って準備をして、どうなるんだろう~と、ず~っと天気予報を気にして見ていた。

あ~、嬉しい~♪
目覚めると雨は止んでいた。 うっすらと青空も出ている。
さて・・・丁と出るか半と出るか・・・我が家で見る方がいいか、実家に帰ってみる方がいいか・・・・
7時半の我が家の上の空を見て、実家に帰ることにした。
庭の草抜きも兼ねて帰ろう・・・・

賭けは勝った・・・・かも?
うっすらと日が射して、太陽の姿が見える。 日食メガネで見ると、はっきりとま~るい太陽が見える。

お~~~♪

722nishoku1


欠ける時間を気にしながら、草を抜く。
草を抜く手を休めて、空を見上げる。
10時を過ぎたところだっただろうか。 欠け始めたのが見え、急いでカメラを持つ。

あ~、撮れないよ~!!
どうしたらいいのか?・・・直接に見たら目玉焼きになる・・・カメラも壊れるとネットに出てた。
下敷きをレンズに当てて、シャッターを押してみる。
いや、これもダメ・・・・写真を撮るのは止めようかな・・・この目でしっかりと見ておこう・・・
そうあきらめかけていたら、一緒に見ていたお隣りの幼馴染みちゃんが、「komaちゃん、この車の窓ガラスを通したらうまくいくかもよ。」とアドバイスを。
なるほど・・・私の車のガラス窓は・・・あれ、なんて言うんだっけ・・・黒っぽいの・・・それにUVカットだし、紫外線も通さないよね・・・・で、後ろの窓を開いて、中側から赤と緑の下敷きを当てて、そこにカメラのレンズを当て、望遠で撮ってみた。

それが・・・↑ ↓ これ。

722nishoku2


最大欠けた所で、もう一つ確認したいものがあった。
木洩れ日なのだ。
ま~るい太陽だと、木洩れ日も丸くなる。 それが日食になると、欠けた分だけ、木洩れ日も欠けるんだと・・・

実家に帰ってすぐに、木洩れ日に適している木は何か目星はつけていた。
太陽を撮ったあと、すぐにその木、梅の木の下へ走る。

ん~~・・・イマイチわからん。 

あっ! コンクリートの上の影はくっきりとしていたんだ。 デコボコしている土の上だから見えずらいのかも・・・・と、大きなベニヤ板があったのを思い出して、えっちらおっちら下げて、梅の木の木洩れ日が当たっている所に敷く。
ばっちり~♪

722komorebi1


アハッ! おもしろい~♪ うんうん、こんな風になるって言っていたよね~♪

722komorebi2_4

いや~~ 本当だったんだ。 木洩れ日が皆三日月になっている。
今の太陽の形とおんなじだ~♪ かんどぉぉ~!!

日も陰ったように、薄暗くなった。 8割5分でもやはり暗くなるんだね~
小学生の時に味わったような暗さはないけど、ひんやりと空気も変わり、しっかりと体感できた。

この木洩れ日も目に焼き付けておこう。
草抜きに夢中の母を大声で呼んで、二度と見られない(・・かも?)この三日月木洩れ日を見せる。
あまり言っていることが理解できないのか、ふ~ん・・・・って感じ。

そして、日食が終わって撮った木洩れ日がこれ↓
三日月がなくなって、普通の丸い木洩れ日に戻っていた。

722komorebi3


あ~ 満足~♪
これだけ楽しめたら上等だよね。
晴れて良かった・・・・梅雨明けがまだなので、どれほど天候を気にしたか。
滅多に起こらない宇宙のからくり、その一瞬に立ち会えたこと、やはり幸せなことだと思う。

ただ・・・またやっちゃったかも・・・・・
日食が始まったとき、うまくカメラに収まらなくて、いけないと思いつつ、日食メガネを使わず・・・(だってね、このメガネ、太陽は見えるけど、他のものは真っ暗になって何も見えないんだよね~)・・・で、下敷きを通して見たり、カメラのファインダーを覗いたり・・・自分の欲求を満たすために、もう、どうなってもいいや~って、エイッ!と飛びこむこの無鉄砲な性格。
やはり目を痛めたかも・・・・何かいい目薬あったかな~~探さなくちゃ~(-"-)


| | コメント (10)

春の雪

3月3日(火曜日)

天気予報通り、きょうは雪の雛まつりとなった。
目覚めとともに外を見たときは、道は雨でぬれていた。
”な~んだ、雨なのか・・・” 

ピチョンピチョンと落ちる雨だれの音を聞きながら朝食の準備をして、カーテンを開けて・・・(;° ロ°) うお~!!
雨が雪に変わっていた・・・それもたくさんの雪!

これはこれは・・・と、大急ぎで出勤の準備をして、いつもの時間より少し早目に家を出る。
写真撮れるかな~(*^_^*)

33snow1

職場ののり面の梅の花がシャーベットのように凍っている。

早朝に登園してくる子達を暖かい部屋に入れて・・・

”ねぇ、ねぇ、komaさんね、ちょっと雪の写真を撮ってくるからおままごとして遊んでてね!” 

なんて・・これ職務放棄ですよね~~・・・すんませ~ん・・・と、心の中で謝りながら、雪の結晶を探しに園庭に・・・
サラサラと降る雪に傘をさして、ファインダーを覗きながら探す。

あった・・・(*^_^*)

33snow2


氷状態ではあるけど・・・・あった・・・
大急ぎで撮って、職務に戻る。 (^^ゞ
今年はもう撮れないとあきらめていただけに、とっても嬉しい。
寒い北国でないと撮れないと思っていたけど・・・・あるんだね~こちらにも♪♪

きっとこれは春を連れてくる雪・・・なごり雪を存分に楽しみたい気持ちが強く、仕事を早く終えたかったけど、きょうは楽しい雛まつりのイベント、こちらも気になるし・・・・

お昼近くなると雪はふわふわの綿雪になった。
帰り道に目がとまった梅林。
傘をさしての撮影はカメラが濡れるかな?・・・・そう思いつつもやはり撮りたくて入って行く。
足元が悪いのでゆっくりゆっくりと・・・・と、そこまでは良かったのに、カメラを向けるとつい夢中になって・・・
穴ぼこがあいているのに気付かず・・・・ズボッ! ドテッ!!
あわわわ~~ こけたよ~~(хх。)

誰も見てないよね~・・・って、傘を持って顔をあげたら、すぐ側の停留所にバスが止まっているじゃないすか・・・
乗客のにんまりした顔が~~(#/。\#)  で、こういう時に限ってそんなに通らない車が固まって通るのよね~
急いで傘で顔をかくし・・・どっこらしょ!
やれやれ・・・・

懲りずに今度は別の梅林に・・・

オッ!

33snow3


33snow4


33snow5


33snow6


ず~っと撮りたいと思っていた・・・花とメジロ・・・
チチチチ~♪ とかわいい声で鳴きながら花から花をチョンチョンと飛び交っている。
メジロ・・・我が家のリビングから窓越しにしか撮ってなかったので、ワクワクしながらシャッターを押す。
きっと雪の音で、私が側にいることに気付かなかったのかもね。
存分に楽しませてもらった。


| | コメント (7)