« 秋の陽の中で | トップページ | 師走 »

急に思い立って・・・

12月5日(土曜日)

広島市にある縮景園を訪ねてみた。

125shukeien10


ここは、季節季節の巡りどき、地方版のニュースでたびたび取り上げられる日本庭園だ。
まだ・・ひょっとして紅葉が見れるかも知れない・・・
移り変わる季節の一片を母にも見せたくて・・・そして、どうせ出かけるならと、息子ファミリーにも声をかけた。
急な思いつきだったので、午後からのお出掛けとなってしまった。
近いとはいえ、一番日の短い時、日暮れまでどれだけ楽しめるか・・・・夫と息子の用事がすむのを待っていたら、お昼を回って1時の出発となってしまった。
予報を外れて朝からポカポカと気持ちのいい陽射しが射していた空が、高速に乗ったとたん予報通りの雨が・・・あ~め~だよぉ~~あ~あ、また雨・・・・
やっぱり、私って雨女?  それとも、先月新しく乗り替えた息子の車、この納車日が生憎の土砂降りの雨の日だった・・・そのせいか・・・???
仕方ない、雨だったらデパートでもうろうろして帰るか・・・・本当は、斜陽の中に輝く紅葉を撮りたい気持ちが強かったのだが・・・

125shukeien1

125shukeien2

125shukeien3

嬉しいことに、広島市内に入る頃には雨は上がり、薄日が射すまで回復。
どうやら通り雨だったようだ。 (*^^)v

125shukeien4


125shukeien5


125shukeien7


125shukeien9


125shukeien11


125shukeien8


朝日新聞の土曜版に、サトウハチロー作詞 「ちいさい秋みつけた」の特集が出ていた。 その中にハゼの話が出ていたが、この庭園の中でもハゼの葉がひときわ紅く燃えるように目立っていた。
「ちいさい秋みつけた」の唄が大好きだった。 いや、今でも好きだ。
この季節になると、頭の中でこの歌詞がぐるぐると回る。
3番の歌詞に出てくる、♪♪ ハゼの葉あかくて 入り日いろ ♪♪ 意味がわからず歌っていたハゼは、このハゼの木の葉っぱだったんだ~~!!  って、記事で知る。
な~んか、すっごく嬉しかった。
サトウハチローさん宅にあったハゼの木は、今は東京都文京区の礫川(れきせん)公園に立っていると・・・近場だったら見に行きたいところだ。
縮景園のハゼの木は、それはそれは大きかった。

125shukeien12


125shukeien13


足がすっかりと弱ってしまった母は、今年で80代を終える。
まだ歩けるうちに出来るだけいろんな所に一緒に行き、記憶にしっかりととどめておいてもらおう。
いつか動けなくなったときでも、少しずつ思い出を引っ張り出しては楽しめるように・・・・

125shukeien19


125shukeien18

125shukeien20

母がひと葉、ひと葉、かわいいモミジの落ち葉を拾っているのを見て、一緒に拾い集めていたmimi、この日の写真撮りは、紅葉よりもmimiモデルの写真がほとんど・・・
ここに全部載せたいほどかわいい~~♪♪・・・・って、ババ馬鹿~!!(*^_^*)

日暮れは本当に早い。
縮景園でアッと言う間に時間が経ってしまった。
このあと、少しショッピングをして帰る。
朝からおでんを煮込んでいて良かった。 今晩は我が家で晩御飯♪♪

紅葉の写真は心ゆくまで撮れなかったけど、家族で過ごせた一日は大満足だった。


|

« 秋の陽の中で | トップページ | 師走 »

季節を追いかけて」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

縮景園・・良い雰囲気の所ですね~♪
komaさんの写真を見ていたら、どこからかふわぁ~っと落ち葉焚きの白い煙が漂ってくるような気がしました。
私も「ちいさい秋みつけた」の記事を読んで、歩いてみようかな、って思ったんですよ。そう思った人多いかもしれないですね・・
真っ赤なハゼノキを見ながら、詩が歌が心に流れてくるなんて、本当に素敵な紅葉狩りだと思います。そんな心の余裕が嬉しい。

せかせかと撮っている時も、のんびりとまだ美しい楓や桜の葉を拾いあげ、ちょっと眺めて頬笑む人もいる・・紅葉は花と同じように人に幸せを与えてくれるんですね。自然の与えてくれるカラセラピーと言ったところでしょうか。
母上さまもどんなにか喜んでおられたことでしょう。来年もお元気で過ごされますように。

投稿: Keiko | 2009/12/06 17:59

komaさん、こんばんは。
昨日は一時はヤバイかなって思ったのですが、天気も持ち直して、良かったですね~♪
縮景園は素適な庭園ですが、紅葉もまだ残っていて往く秋の名残を楽しめましたね。
真っ赤なモミジの葉っぱの可愛いこと!
お母様もmimiちゃんも落ち葉を拾うのに夢中のようで、良い宝物になりそうですね。
mimiちゃんはkomaさんのレンズの中で最高のモデルになって、レンズを覗きながらkomaさんの目が細くなっていくのが見えるようです。(o^-^o) ウフッ

「ちいさい秋みつけた」は誰の心にも残っている懐かしい歌ですよね。
でも、赤いハゼの葉がどんな木なのか知らなかったですね。
見られて良かったですね。
サトウハチローさん宅にあったハゼの木は東京なので、ちょっと見に行く事は出来ませんが、歌の中の葉っぱが、縮景園での木と結びつくなんて、流石komaさんです。
私の父と同じ年だったと思うのですが、お母様はお元気で出かけられるので本当に良いですよね。
父は最近はデーサービスへ行く事も拒否して、寝てばかりですから・・・
これからも、ご一緒されて一杯思い出作りが出来ると良いですね。
komaさん、良い休日になりましたd(゚ー゚*)ネッ!

投稿: あんず | 2009/12/06 18:56

Keikoさん、こんばんは。
縮景園はあまり大きな庭園ではないのですが・・・あ、岡山市の後楽園と比べてですが・・・しっとりと落ち着きのある庭園です。
もっといっぱい紅葉した部分が見られると思ったのですが、時期が遅かったみたいです。
サトウハチローさんの記事、やはりKeikoさんも読まれていましたか。あの記事を見ながら、この公園にKeikoさん行かれないかな~って思ったんですよ。
朝その記事を読んだばかりだったので、公園内で色づいている真っ赤なハゼの木を見て、なんだかすっごく嬉しかったです。
うんうん、紅葉って、ほんと、花と同じように人の心を潤おしてくれますね。
季節の恵みは、ありがたいですよね。
今回はあまり歩くこともなかったので、母の足にも負担がかからず、喜んでくれました。
はい、ありがとうございます。来年?・・・ふふ♪ まだまだず~っと、ず~っと元気でいそうですよ。(^m^)

あんずさん、こんばんは。
あれほど晴れていた空が、みるみる暗くなって本降りになったでしょ!
もう、ほんと、泣きたい気分でしたよ。
洗濯物は干したままだったしね。
でも、嬉しいことに通り雨だったみたいで、帰って取りこんだ洗濯物も乾いていて、ホッとしました。
紅葉の盛りの頃の縮景園は、きっと感動するぐらいきれいだったでしょうね。
落ちていた葉っぱを見て、どうせ訪れるなら、もう少し早目に来れば良かったな~って・・・ちょっと悔しい思いも。
母はね、持っていたビニール袋に結構拾って入れていました。
きっと絵にするんでしょうね。
mimiと一緒に葉っぱを拾っている姿を見て、誘って良かったな~って思ったんですよ。
あんずさんのお父様は、今はず~っとお家の中だけですか・・・寝てばかり・・・
いつかは、母にもそんな日が訪れるでしょうが、元気で動ける間は、せっせと一緒に出かけたいと思っています。
休日の朝はね、起き上がる前に新聞に目を通すのが楽しみなんです。
ハゼの葉っぱ・・・たまたま土曜版の特集(これがね、結構毎週興味深い記事が多くて、楽しみにしているんですよ)に、”ちいさい秋みつけた”のゆわれが載っていたばかりだったので結び付いたんですよ。
半日だけのお出掛けでしたけど、結構楽しむことが出来ました。
これでまた1週間頑張れそうです。(*^_^*)

投稿: koma | 2009/12/06 21:54

komaさん、こんにちは。

もう遅いかもしれないなぁ・・とは思いましたが、あのハゼノキを見に行ってきました。

礫川公園の名前は知らなかったのですが、ここはは何度か覗いたことがあります。

で、目立つあの赤い色は~・・キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ しましたら・・あらら~やっぱり終わりでした~! もうほとんど葉がありません。ほんの少~しだけ残っていましたので、証拠写真は撮りましたが・・(^_^;)

礫川公園は、東京ドームのある後楽園駅の改札を出たところにあります。
これで帰るのはあまりにも・・なので、すぐ近くの小石川後楽園(水戸様の庭園)の紅葉を見てきました。
紅葉もピークは過ぎてきた感じがしますね。
ハゼノキは来年の楽しみということで。(T_T)/~~~

投稿: Keiko | 2009/12/07 15:56

Keikoさん、こんばんは。
お~~!! 行かれましたか~!
あら、もう終わりでした? 色づいた葉っぱってちょっと雨に当たるとか風に吹かれるとアッというまに落ちてしまうものなんですね~
職場のイチョウの葉っぱとか桜の葉も、金曜日にはまだかなり残っていたのに、今朝行ってみるとほとんど落ちていました。
急に冬が近づいた感じがしましたよ。
Keikoさん、行ってみて来て下さってありがとう。
新聞の記事が、より身近に、より現実に感じます。
小石川後楽園の紅葉も終わりつつでしたか?
12月もそろそろ中旬になりますものね。
冬、自然界の植物は色あせてしまうけど、何かときめくものを探さなくちゃ~~(*^_^*)

投稿: koma | 2009/12/07 20:29

ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉あかくて 入日色。。。

日本語の美しさが際立った詩ですよね。。。私も大好きです。

お母様80台最後のお年とか、好奇心旺盛で前向きでいらっしゃるのが元気の秘訣かな。
komaさんのお母様ですものね、納得です。

mimiちゃんますます女の子らしくなりましたね。
紅葉を持つ手のなんと優しいこと。
家のりりも会うたびに愛らしさを増しています。
男の子二人の母としては、嬉しい限りです。

ところで日参組みの私としてはお姿が見えないのが気がかりなんですが。。。お忙しいですか?

投稿: こまはは | 2009/12/15 20:34

こまははさん、こんばんは。
コメントを下さっていたんですね。
レスが遅くなってごめんなさい。そしてありがとう~(*^_^*)
ここんとこちょっと忙しくしておりまして・・・そして夜になると疲れてしまい、早めに床に入っていました。

ほんと、季節の移り変わりを表す言葉は、特に日本語の美しさを感じますよね。
この詩も、心の奥深くにとどまって、いつまでも残っています。
母、ふふ♪ そうですね。好奇心旺盛っていうか、短歌と絵の材料探しをしているようです。
それが元気の素となっているんでしょうね。
mimiね、そうなんですよ。
もうしっかりと赤ちゃんの域を抜けて女の子なんですよ。かわいいものとか、おしゃれグッズとかに興味があるようです。これって本能なんでしょうかね~
こまははさんちの姫孫ちゃんも、日に日にかわいさが募るでしょ~(*^^)v
男の子、女の子の両方の良さが楽しめるのって幸せですよね。
あ、いつも覗いて下さってありがとうございます。
気にしながらも、写真を撮る時間が撮れなくて・・・で、ブログも結局そのまま・・・気付くと1週間が過ぎていました~(^^ゞ
先週の土曜日は、子供達ファミリーと神戸までショッピングに行っていました。
珍しくカメラを持たずに歩いたんですよ。
あ、持たずに・・じゃなくて、持てなかったんです~
そう、息子夫婦や娘夫婦がしっかりとショッピング出来るように、私はしっかりと孫守りしてました~(*^_^*)

投稿: koma | 2009/12/16 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の陽の中で | トップページ | 師走 »