« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

冷製パスタ&ドレッシング

628pasta

冷製パスタ用のドレッシング

これは、パスタだけでなく、サラダドレッシングとしてもとてもおいしい。

レシピ

サラダオイル(オリーブオイルだと重い)  300g
塩                 6g
米酢               80g
濃い口醤油           60g
白ワインビネガー        10g
ピクルス            大さじ 2
玉葱すりおろし        60g~80g
粒マスタード          小さじ 1

あれば・・・  西洋わさび   少々

出来あがりの量は、ワイン瓶 1本分あります。
冷蔵庫で1か月は持ちますので、サラダ用ドレッシングとして、また冷麺に使ってもいいかな。

1人前の目安として      パスタ 50g に対して
                  ドレッシング は25g

茄子・・・・ 皮をむいでアク抜きし、フライパンで空焼きし、
       オリーブオイルであえる。

ツナ缶

トマト(皮を湯むきして、二日ほど陽に当てると甘くなる)

玉葱のスライス(1人前5枚ぐらい)

ルッコラがなかったので、サラダ菜(ホウレンソウにしてもおいしいかも)

ホタテ・・生食で使うときは、クッキングペーパーにはさんで30分おくと、
     水分が抜けておいしくなる。
     今回は時季的に生は避けて焼いてみました。

海老・・・殻付きのまま鍋に入れてお酒と塩少々で茹でました。

冷凍コーン

ニンニクを香りが出るまでフライパンでいって、トマト、ツナ、玉ねぎと一緒にドレッシングで和える。

茹であがったパスタをお皿に盛り、ドレッシングをかける。

パスタの上に上記の具を乗せる。

このドレッシングはレストランを経営されている方のレシピ・・・・さすがでした!
オットットが驚くぐらいおいしかったです。
タバスコを数滴たらすとアクセントになってよりおいしくなります。

具材は、私流にアレンジしてますので、お好みでどうぞ~♪

| | コメント (8)

玉葱を掘りに

6月25日(金曜日)

なんだか疲れがすっきりと取れなくて、ゆっくりと休みたいな~と、きょうは仕事のお休みをもらっていた。
オットが出張中でいないので、朝はゆっくりと寝て・・・・と、楽しみにしていたんだけど・・・・

昨夜のこと、母が、「玉葱がそろそろ取り入れの時季だと思うんだけど・・・でも、休みをとったんだからゆっくりしたいよね~」っていう。
玉葱か~~・・・・・「ま、腐らせてもいいよ。」って言われると、そうはいかんし・・・・って、結局今朝早くに起きて、実家に帰ってきた。
玉葱を掘るだけなら・・・・そう思って帰ったのに、やはりそうはいかんぜよ~~でした。( -。-) =3

葱の部分が土の上に倒れていて、それを引っ張ると、すぽん、すぽんとおもしろいぐらい簡単に抜ける。
まるい玉葱が土から出てくるのがかわいい~♪

626tamanegi

もっと大きな玉になっていると思っていたのに、小さいのがほとんど。
育ちが悪かったようだ。

抜いた玉葱を見ていて・・・アッ! カメラ、カメラ・・・・って・・・・遊び心も加えて~(*^_^*)

日陰に吊るし、抜いたあとの土を耕やし・・・・・ここでやめれば良かったのに、雑草がまたまたはびこっているのに目がとまり、結局雑草抜きに手をつけたものだから、時間がかかってしまった。

ラッキョウも掘る予定だったけど、昨年母が漬けているので、一年、間をおくことにして、今年は漬けるのを止めることにした。

時計を見ると2時・・・・・どうしようかな~~
隣家の幼馴染みと話していて、笹ゆりの花が見ごろだから行けばいいのに・・・って言われて迷う。
疲れたのですぐに帰ってお昼寝したい気持ち・・・でも、せっかくだから・・・という気持ちが交差する。

で・・・・・

626sasayuri1


626sasayuri2


結局ハンドルは”山ゆりの里”に向けて・・・・

ここは、先日ネットフレンドのあんずさんが行かれて紹介して下さったところ。
神石高原町上豊松・・・名前はよくきくけど、今まで訪れたことのない町だった。

この栗の木はとてつもなく大きい。
記念物だったかな?

見頃は先週の日曜日あたりだったようで、21日にイベントがあったようだ。
昨日、今日の暑さに、ほとんどの山百合があえいでいるように見えた。
やはり梅雨の頃に咲く花は、雫をつけてあげたい。
カンカン照る陽差しに、山ゆり同様、私も歩いていて息切れがしてくる。
カメラを向ける気持ちも薄らいで、早々に引き揚げた。

626sasayuri3


626sasayuri4


626sasayuri5


626sasayuri6


626sasayuri7

2,3枚しか撮っていなかったと思ったのに、パソに取り込んでみたら結構シャッターを押していたらしい。
私の実家のあたりでも、これほどのヤマユリが咲いていたのに、見られなくなってしまった。
ポキン、ポキンと折って抱えるぐらい持って帰っていた頃がなつかしい。

626narukoyuri

ナルコユリ・・・かな? アマドコロとの区別がイマイチわかっていない私・・・(*^_^*)

626shoma

トリアシショウマ

行きは良い良い、帰りは怖い・・・行きは、「山ゆりの里」の看板に導かれて行ったので、迷わずに行けたけど、帰りの道がわからない~~
あっちだったっけ?  こっちだったっけ? 助手席の母が、簡単よ~~と言っていたのに、いざわかれ道になると、さて、どっちだか・・・・
わかりやすいと思っていたのに・・・・って・・・・うんうん、頼りにする方が悪ぅございました。
母の方が、私よりか何倍も方向音痴でした。

広い道を選んで走っていたら、どこかには出るでしょう。

山道のドライブをしばらく楽しむ。

あ~、マタタビの葉っぱ~ きっとあの葉っぱの下には花が咲いているだろうな~
写真に・・・と、いう気持ちもあったが、停めて・・・降りて・・・・が面倒で横目で追いながらあきらめる。

玉葱堀りと草取りの疲れがなかったら、きっと停めて撮ってただろうな。

今夜の晩御飯、出来ることなら手抜きをしたいところだけど、久々に帰ってくるオットットの為にえんや~こ~りゃ~せんとね~・・・・

はぁ~~、疲れた・・・・

| | コメント (5)

ピクルスに初挑戦

6月25日(木曜日)

先日、冷製パスタのレシピを友人からもらった。
このレシピは、友人が町内会のクッキング講習会に参加して教えてもらったものだ。
私も行こうかな~と思いつつ、参加の希望を出さなかったので行けなかったのだが、出来上がったパスタの写真を見せてもらい、すっごっくおいしかった~の話を聞くと・・・ほんっと!・・・悔やまれる。
大儀~って思わず、やはり参加すれば良かったな。
滅多にない機会だったのにね。
講師の方は、町内のイタリアンレストランのオーナーであり、シェフの方。
職場のお隣にあるレストランで、一度だけディナーを食べに行ったことがあるお店のマスターだったのだ。

で、その冷製パスタを作ってみたくて、レシピを眺めていたら、ソースにピクルスが必要だと書いてある。
ピクルスって、私はあまり好きではない。
特に市販のは・・・・・と、いうことで、そのピクルスを自分で漬けてみようと思い本屋さんで「おいしいお酢レシピ」というのを買ってきた。

どうせ本屋さんに行くのなら、スーパーにも寄ってピクルスの材料を買って・・・・そう予定して出かけたのに・・・・その日(一昨日)はお嫁ちゃんが用事で出かけるのでmimiを預かっていた。
別にこんな日に思い立たなくてもいいのに、こう!と思ったら即動きたい”せっかち”な性分の私。
mimiを後部座席に乗せて、一緒に本屋→スーパーに・・・と出かけたのだ。
まずウロウロするmimiに絵本を買って持たせ、料理本のコーナーに向かう。

ん~~~~???・・・・ いざその場所に立つと、どこからともなしに漂ってくる匂い・・・・

mimiか?・・・・・ありゃ~~ mi~mi~~~(;一_一)

本屋さんと食材のスーパーだけに行く予定だったので、着替えも紙パンツも持って出てなかった・・・・( -。-) =3

重い物をオマタに挟んでいるmimiのことを思うと、ゆっくりと選んでいる気にもならず、ピクルスのレシピが一つでも載っていればいいや~と・・・急いで選んだ本が↑だったのだ。

漬けこみたいと思っていたカリフラワーも大根も欲しかったけど・・・それにキュウリももう少し欲しかったけど・・・、スーパーには寄れずにやれそれ~と帰ったのだった。

何が言いたいのか私?・・・って、話が横に流れてしまったけど・・・

ま、そういう訳で、冷蔵庫にあるもので初めてピクルスなるものを漬けてみた。

(材料)

長芋
ミニトマト
キュウリ
人参

(調味液)

酢     1 カップ
砂糖    大さじ 4
塩     大さじ 1
あらびき黒コショー   少々
ローリエの葉      2枚

お鍋に水1カップを入れ、上記の調味液とローリエの葉っぱを入れ煮立たせ、冷ます。

煮沸消毒した容器に材料を入れ、冷ました調味液を注ぐ。

1日以上漬けてから食べる。

625pikurus

冷製パスタ用ソースに使おうと作ったピクルスだったけど、ちょっと試しに食べてみたくて、今夜はカレーにした。
自家製のピクルスは、やはり市販のよりかずっとおいしかった。
酸味が強いのがお好きな方には、ちょっと物足りないかもしれないけど、私にはちょうどのすっぱさだ。

さて、ピクルスも漬かったことだし、週末には教えてもらった冷製パスタを作ってみようかな。

| | コメント (5)

大豆入りつくね

6月19日(金曜日)

昨夜、寝付きが悪くてこまった。
急に暑くなったせいもあるかも知れないけど、最近どうも睡眠が浅くて困っている。
更年期障害なんてとっくに終わっているはずなんだけどな~~

で、悶々としていても苦しいだけなので、料理本を引っ張り出して眺めていた。
今月末に漬けようと思っているラッキョウ漬けのレシピを眺め、そのままページをめくっていたら、簡単な晩御飯のレシピに目が留まり、それを作ってみることにした。

大豆もお味噌も好きなので、きっと口に合うに違いないと・・・

・・・・大豆入りつくね

材料(2人分)

鶏ひき肉     100g
大豆(水煮)   100g
パン粉       大さじ  1
牛乳        大さじ  1
葱(みじん切り)  大さじ 2
味噌         小さじ 2
青じそ        4枚
焼きノリ       1/4枚
シシトウガラシ   10本
塩、コショウ、オリーブ油

作り方

1.  大豆はポリ袋に入れて、粒が少し残る程度につぶす。
    パン粉は牛乳に浸しておく。

2.  ボウルに、鶏ひき肉、葱、味噌、1の大豆、
    牛乳に浸したパン粉を入れてよく混ぜ合わせ、
    塩、コショウ各少々で味を調える。
    8等分して小判型にし、4個は青じそ、
    残り4個は4等分に切った海苔で挟む。

3.  フライパンにオリーブ油少々を薄くひき、中火での両面を焼く。
    ふたをして弱火にし、中まで火を通したら、穴をあけたシシトウも
     加えて焼き、塩少々をふる。
    器に取り、盛り合わせる。

ご飯にもおつまみにも合う一品の出来上がり~♪

619okazu

きょうの晩御飯

大豆入りつくね
メカブと長芋のワサビ和え(味付きメカブ・長芋・ワサビ)
トマトとオクラのサラダ(トマト・オクラ)
 オクラを塩少々入れた湯でさっと茹で、冷水にとり、水気を切って縦半分に切る。
 ポン酢醤油 小さじ1 と、オリーブ油 小さじ1 を合わせあえる。

今夜はコレステロールを減らしたい人の為の献立(って書いてあった)・・・・でした。(*^_^*)

でも・・・こ~んなの食べていたんじゃ、何にもならないね~~(^^ゞ

619taiyaki

最近はたい焼きブーム?
市内のあちらこちらで行列のできるたい焼きのお店が出来ている。
きょうは、今まで食べたたい焼きとちょっとタイプの違うたい焼きを買ってみた。

”白いたい焼き”って言うそうだ。

たい焼きっていうよりか、お餅?
これは人によって好みが分かれるかも知れない。

”たい夢”、”木村家”、そしてきょうの”白家”
たい夢と木村家のたい焼きはひとつ110円、 白家のたい焼きは、小豆が130円、抹茶入りだと150円する。

私の好みではあるが、たい夢のは、甘すぎるし・・・白家のは、あの食感がいまいち・・・値段が高いのも気に入らないな~
で、やはり木村家のが一番おいしいし、回りの羽(っていうそうだ)をきれいに切り取られていないので、その分煎餅のように食べられるのでお得感が~~(*^_^*)

いけないと思いつつ、健康診断が終わったとたん、反動がすごい・・・・食欲を抑えるのが大変だ~(-"-)


| | コメント (7)

鞆散策

6月16日((火曜日)

梅雨の晴れ間の空を見上げていたら、お友達と出かけたくなった。
急な誘いではどうかな~と思いながら電話をかける・・・「もしもし~~♪」

はぁ~~やっぱりね~~・・・いつもは暇なのに、きょうに限ってお出かけだとか。
ハナキンの友もきょうは予定があるって言っていたし・・・

仕方ない・・・こんな日は、明日のABCの暗記をしなさいと言うことか?
いやいや、一度頭に浮かんだことはなかなか消せない私。

いいや~行っちゃえ! ドライブ~~♪

616tomo1


616tomo2


616tomo3


616tomo4


616tomo6


616tomo7

私が気軽に行けるところと言えば、ここかな?
鞆散策・・・・

梅雨の晴れ間というけど、陽射しは真夏のように強い。
それでも、まだ真夏のようなじとじととした暑さではなくて、さわやかな風が海面を伝って吹き抜ける。

かき氷のはためく旗を見ていたら、ふっと入って食べたくなった。

ここは、今どの時代?

なつかしい佇まいと空気に、遠い昔に戻ったような錯覚が起きる。

616tomo11


ここから見える対岸の丘の上の右端の家は、宮崎駿監督が”崖の上のポニョ”の構想を練られた家だそう。
あそこからの眺めが映画に使われているとか・・・・

616tomo8


そして、ここで頂いたかき氷はとてもおいしかった。
普通は底に行くほど蜜が薄くなるのに、底にたっぷりと蜜が入れられているので、最後までおいしい。
小豆もいっぱい入っていて、小豆好きとしてはたまらない。 それでいて450円!
マスターが言われるには、「損はしていないけど、儲けも少ない。」って・・・・うんうん、そうだと思う。
量も多かったので、さすがに最後まで食べると冷えてしまうので残してしまったけど、真夏ならきっと器の底を舐めるぐらいきれいに頂いたと思う。

616tomo5


616tomo9

数時間の散策だったけど、小旅行したような、いい気分転換が出来た。
鞆、住んでいないものが好き勝手に・・・って言われるかもしれないけど、どうか風情を壊すようなコンクリートの橋がど~ん!とかからないことを願う。
この風景は、ず~っと、ず~っと・・・永遠に残して欲しいと思う。

| | コメント (8)

糸寒天を使って

6月12日(金曜日)

先日から”糸寒天”なるものが気になって仕方がない。
ABCの教室の帰りに寄ったスーパーでは売られてなくて、きょう、健康診断で診療所に行った帰りに寄ったスーパーでやっと買うことができた。

さて、今夜はこの糸寒天を使って何を作ろうか・・・・
メインには塩サバを焼こうと思っていたので、やはり酢の物かな?

で、職場でもらっていたレシピを参考にして、新玉ねぎと糸寒天の和風サラダを作ってみることに・・・

材料(4人分)

糸寒天    10g
新玉ねぎ   1玉
竹輪      2本 レシピには桜えび(乾燥したもの)が使われている
キュウリ
鰹節
白ゴマ
ポン酢かノンオイルドレッシング


1. 糸寒天は15~20分間水につけてもどし、
   水気をよっくしぼって、4cmぐらいの長さに切る。

2. 新玉ねぎは薄切りにして冷水にさらし、ザルにあげておく。

3. ちくわは縦半分に切って、2~3cmの拍子木に切る。

4. キュウリも竹輪と同じぐらいの長さに切って、軽く塩揉みする。

5. 上記を混ぜ合わせ、ポン酢で味付けして器に盛る。

6. 白ゴマと鰹節を振りかける。


612itokantensalad

初めての糸寒天の食感だが、ひょっとして人によっては好みが出るかも知れない。
水に戻すだけで使うので・・・・・なんかな?・・・どこかで味わったような・・・・あぁ、あれ、あれ・・お酒のおつまみにある、チーズ鱈のあの干した鱈に似ている。

私はどちらかというと春雨の方が好きかな?
オットットは、おいしい~♪と言って食べていた。 
母は砂糖を使わない味が物足りなかったようだ。 甘党の母の感想は対象外だとは思うけど・・(*^_^*)

なによりも寒天を使うとボリュームが出て、さらにカロリーも低いのでダイエット料理としてはいいかも知れない。

きょうの晩御飯

焼き魚(塩サバ)

ジャガイモの煮物(ジャガイモ・玉ねぎ・ベーコン)
  ダシ・醤油・酒・みりん

新玉ねぎと糸寒天の和風サラダ(上記)

母の作ったマヨネーズサラダ(キャベツ・キュウリ・カニカマ・リンゴ・琵琶)

612okazu


きょうは職場の健康診断の日だった。
朝から憂鬱だった。
何が憂鬱かって・・・お昼御飯が健康診断が終わるまで食べられないからだ。 朝6時半に食べてから3時過ぎまで何も食べてはいけない・・・そう思うだけで憂鬱だった。

体脂肪、コレステロール、中性脂肪、それらの数値を気にして、ここ3日ほど甘いものを遠ざけていた。
それがかなりのストレスとなっていたから、昼食抜きがより一層負担となっていたのだ。
朝、登園して来た子のマット運動をしている保育士が・・・・

”朝からしていいかな~” と言った言葉が、

朝からステーキに聞こえて・・・・”え~? m-chan、朝からステーキを食べてきたのぉ~?”って言って、保育士の目をま~るくさせてしまった。

”あのね~、朝来たそうそうにマットしてもいいかな~って言ったんよ。それにm-chan、まだ1歳になっていないのに、ステーキなんか食べられません~” 

ハイ、そうでした・・・・もう、ほんと、あさましいったら・・・・(*^_^*)

朝ごはんも、ここ数日に比べてたくさん食べて出たのに、職場に着いた途端、小腹がすく始末。

アイスクリームも・・・お饅頭も・・・チョコレートも・・・食べたい気持ちを封じ込め、お茶碗によそうご飯も少なめにしていたので、気持ちもお腹も満たされず、欲求不満になっていたのかも知れない。

仕事を終え、帰る前に、少しでも体脂肪を燃やしておこうと、2歳児の散歩について出た。
朝はまだ涼しかった気温も、お昼前にはぐんぐん上がって汗ばむ。
それにしても2歳児とは言え、元気に走る。 この走りについて行くのがやっと・・・

612sanpo


この上り坂を目の前にして意気消沈・・・・これ以上ついて行ったら、診療所で目を回すかも知れないと思い、ここでついて行くのをやめて帰った。

もう、こんなにまで涙ぐましく努力したのに、体重計の目盛りは昨年と同じ・・・メタボ測定も、フンッ!!ってお腹を引っ込めて計ってもらったのに、これも昨年と変わらず・・・いや、少し成長したかも・・・( -。-) =3
あとは、コレステロールの数値がどうなのか・・・・あぁ、おそろしや・・・

| | コメント (5)

カボチャと春雨のサラダ

6月9日(火曜日)

きょうの職場のお昼ごはんの献立の中に、糸寒天を使った酢の物があった。
寒天とか春雨のような食感が好きなので、この酢の物の画像を見たら、今夜の晩御飯のひと品にこれを作りたくなった。
糸寒天がなかったので、買い置きの春雨を使ってカボチャサラダを作ることにした。

カボチャは薄く切ってレンジでチン!
春雨はざっと茹でて適当な長さに切る。
玉葱を薄くスライスして、冷水に放す。
キュウリもスライスして塩もみする。

上記の材料を混ぜて、塩・コショウ、マヨネーズで和える。

久々のヒットサラダかな? おいしかった~♪

今度食材を買いに出たら、糸寒天を探してみよう。
糸寒天を使った生春巻きもいいかも知れない。
楽しみなレシピがまたひとつ増えるかな・・・・(*^_^*)


きょうの晩御飯

魚の煮付け(コチ・玉ねぎ・オクラ)
   醤油・酒・砂糖・みりん

ネブトの酢漬け(ネブト)
   醤油・砂糖・酢

カボチャと春雨のサラダ(カボチャ・春雨・キュウリ・玉ねぎ)
   塩・コショウ・マヨネーズ

お味噌汁(ワカメ・豆腐・エノキ)
   イリコだし・味噌

69okazu


私は、ご飯の献立は、自分が食べたいものを作っていると思っていた。
確かにそうではあるけど、オットがいない一か月の間、その食べたいものが浮かんでいなかったことに気付く。
出張中の留守の間、私一人ではなく、母もいた訳だけど、好き嫌いが激しく、小食の母の為のごはん作りは、全く気が乗らず、ついついお腹を満たしてくれればいいぐらいのものしか作っていなかった。
料理が楽しくなかったのだ。
無意識のうちに、ご飯作りは、私の為ではなく、母の為でもなく、オットの為に作っていたのかも知れない・・・と、気付いた。
おいしく食べてくれる人がいるからこその料理なのかも知れない。

久々に品数が揃ったきょうの晩御飯だ。
あの小食の母が、おいしい、おいしい~と言いながら箸を進めていた。
な~んだ、本当においしいものは、ちゃんと食べるんだ・・・・ったんだね~(*^_^*)

| | コメント (5)

一名様お預かり~♪

6月6日(土曜日)

娘が職場の日帰り旅行に、二人の子供を連れて行っては動きが大変ということで、koだけ預かることにした。
papaに駅まで送ってもらって、娘とhiroだけ下りて自分は車に残されたkoは、そのあと大泣きをしたらしい。
我が家に連れてこられた時の表情の暗いこと・・・自分だけ残して、mamaとお兄ちゃんがさっさと駅に向かって歩いて行ったことが、相当ショックだったようだ。
こんなkoを見ていたら、楽しいことを見つけてやりたくなるbaba・・・・mimiも一緒に近くの春日池公園までお弁当を持って行くことを思いつく。
大急ぎでご飯を炊いて、冷蔵庫の中をあさり・・・ドタバタドタバタ・・・
出来上がるおかずをテーブルに座って見ていたko、ついついつまみ食いの手がのびる。

”koちゃん~、今むしゃむしゃ食べたら、お弁当が食べられなくなるよ~♪”

「お弁当」の言葉に反応したko、人数分のお弁当箱を触りながら・・・

「コレハ~? コレハ~?」って尋ねる。

”koちゃんのは、これ! これはmimiの~~、で、これはバァチャンのぉ~、これはmimiのmamaのぉ~、これはジィジのよ~”

自分のお弁当が出来上がると、出かけるまでず~~っと握りしめていた。
きっと混ぜご飯状態になるだろうな~~・・って、振り回すkoにハラハラしていたけど、なんとか形は崩れずに収まっていてホッ!

1か月の長期の出張を終えて、久し振りにお孫達に触れ合うオットも何だか嬉しそうだ。
疲れているにも関わらず一緒に公園に行くという。


66kasugaike3


66kasugaike2


mimiを誘ったのは大正解だった。
二か月違いの二人は気が合って、同じ動きで遊ぶ。

汽車ぽっぽの遊具に取りつけてある”もしもし電話”で話す二人・・・お互いの意思が通じているんだね~♪

66kasugaike1


緑が濃くなった公園は、広々として気持ちがいい。
前日は肌寒いくらいのお天気だったのに、きょうはちょっと動くと汗ばむ。
木蔭をみつけてお弁当を広げる。
koもmimiも、遊具で遊んだあとの満足感からか、お弁当をよく食べてくれる。

66kasugaike4


66kasugaike5

66kasugaike7

お弁当タイムの後、私だけ園内の菖蒲田までちょっと足を運ぶ。
全体の菖蒲が咲き揃うのは、もう少しあとかな?
見学者もチラホラだった。

今夜の晩御飯は、久々に皆集まって餃子パーティ。
散会の時、koは、papaもmamaもhiroも、み~んなアパートに帰っても、自分は帰らないと言う。
楽しく過ごしてくれたようで、私としても満足だ。
「バァちゃんとこにお泊りするぅ~」って言って私の陰にかくれていたhiroを思い出し、hiro2号が出来たよ~と、にんまり~(*^_^*)

オットがいない間、母と二人の食事作りは張り合いがなく、すっかり手抜きで、なまっていた料理の手も、久々多人数(10人分!)の食事作りと後片付けで少しは元のペースに戻れたかも・・・(^^ゞ

| | コメント (8)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »