« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

気づくと・・・・

5月31日(日曜日)

昨年の秋から、母は我が家で過ごすことが多くなった。
実家のお守りを、ひとりでするには荷が重くなったようだ。
田舎ゆえ、芽吹きの季節の到来とともに、草の伸びも勢いが増し、抜いても抜いても庭や巡りの畑の雑草はすぐにはびこってくる。
去年の夏ぐらいまでは、それでもほとんどを一人でそれを片付けていた・・・が・・・
さすがに年齢が90に届くようになると、体もそれなりになるようで、今年はもう大義になった・・・と言って、全く実家に帰ろうとしない。
仕方なく・・・本当に仕方なく、私がたびたび帰って雑草との闘いをしなくてはいけなくなった。

この日の来るのがすっごく憂鬱だった。
土いじりが嫌い、虫が嫌い、蛇もこわい・・・それらを相手にしながらの実家の庭の管理はとても出来ないと思っていた。
4月から実家に通い出してどれくらいになるだろうか・・・この週末、金曜日にまた帰ってきた。
大きな麦わら帽子をかぶり、長靴をはいて草との格闘約6時間・・・途中お昼ごはんにと作って持って帰ったお弁当も、大急ぎでほおばり、ひたすらチッチッチッと草を抜く。
連休前に帰って植えた野菜の苗もすくすく・・・撒いた種からも芽が出ていた。
スナップえんどうもたわわに実り、これは収穫して・・・・

531strawberry


夢中になって取っているうちに、いつしかこの草抜きを楽しんでいる私に気付いた。
きれいになっていく庭や、花を植えている畑・・・とてもおしゃれな”ガーデン”とは言えない・・・(^^ゞに気持ちが良くて、あれほど憂鬱に思っていた気持ちが軽くなっているのに気付いたのだ。
時の流れはいい具合に、人の気持ちも変えてくれるものらしい。
しなくちゃいけないことを、それほど苦に思わず出来ることはありがたい。


時計を見ると4時!
大急ぎで切り上げて帰らないと、生協の配達時間に間に合わない!

父が植えていた桃の木にびっしりと虫・・・隙間のないくらいにくっついていた、テントウムシを小さく、小さくしたような虫が気になるけど、引き上げないと・・・・と、後ろ髪引かれる思いで車に乗り込んだ。

この虫、昨夜は夢にまで出てきた。
さて、どうしたものやら・・・・

不思議なことに・・・実家は母が管理する母の物・・・という意識から、漠然とながらも、守らないといけないな~っていう意識が湧いて来ている。
私、益々忙しくなるな~~(-"-)

531shiraitoso1
シライトソウ

531baikaikariso
バイカイカリソウ  ・・・ まだ咲いていた

531himehagi
ヒメハギ

私が草抜きをしている間に、母はイチゴとスナップエンドウを収穫していた。
このイチゴ、植えっぱなしにしているので、野性味の強いイチゴだ。

531hiro

昨日我が家に来たお孫達に、このイチゴをお皿に持って出したら、アッと言う間になくなった。
思いっきり水と泥で遊んだあとの子供達の喉に、いい潤いを与えてくれたようだ。

531hiro2


最近、我が家の近くに行列のできる”たい焼き”のお店が2軒できた。
きのう、買い物に出たついでに、いつもだと並んでいる客の数を見て、とても車を停めて寄ってみる気持ちはわかず、気になりながらも素通りしていた。
昨日はタイミングよくそのお店はすいているように見えたので、買って帰ろうと車を停めて中に入った。
すいているように見えたのに、それは見えただけであって、店内には5名ぐらい・・と、さらに電話での注文もあるとかで、それから30分ぐらい待たされて、やっと手にすることが出来た。
車の中で待っていた母は、暑さと待ちくたびれで、もう買わなくてもいい・・・っていう。
それでも、このたい焼き、行列ができるのは納得できた。
頭の先からしっぽまでびっしりと餡が詰まっていて、外の皮もおいしい。
・・・「木村家」って言ったかな? 
hiroもkoもおいしかったようで・・・おいしい顔の子供の表情を見るのは、幸せな気分になれる。(*^_^*)


さて、5月もきょうで終わり・・・・きょうは我が家の草抜き・・・・ひと休みして見上げる空は、どことなく夏空の雰囲気がする。
季節がまたひとつ移ろうとしている。


| | コメント (10)

ヤマアジサイ・・の続き

5月28日(木曜日)

再び友人のお庭を訪れて、小雨の中残りのヤマアジサイの花を撮ってきた。
小雨がぱらぱら・・・滴を持った花びらが撮れるかな~?って期待したけど、それほども降らず・・・
それでも、カメラが濡れるのを気にした友人が傘を差しかけてくれる。

さて・・・名前間違えずに載せられるかしら?

528kurenai1

紅(くれない)

528fujinotaki

富士の滝

528shiratae

白妙(しらたえ)

528kikuzakihaiajisai

菊咲きハイアジサイ

528hoshizakiezo

星咲きエゾ

528turuginomai

剣の舞

528shichihenge

七変化

528momoiroyama

桃色山


西洋アジサイと違って、花びらは小さく、花色もはんなりと柔らかい。
庭をぱ~~っと華やかに彩るには西洋アジサイの方がインパクトがあっていいかも知れないけど、ほ~っと癒されるにはヤマアジサイがいいな~~・・・・って、思うのは、きっと・・・これも年齢のせいかも知れない。

日を追うごとにこのヤマアジサイも色が変化してくる。

私の気持ちもゆ~らゆ~ら・・・七変化・・・・色褪(あ)せしないようにしないと・・・(*^_^*)

| | コメント (4)

ヤマアジサイ

5月25日(月曜日)

きょうお友達の家を訪れて、ヤマアジサイが咲き乱れて・・・いや、乱れるって言葉は合わないな~・・・咲き誇る?・・・う~ん、これもちょっと・・・咲き・・見頃を迎えていた。 (*^_^*)
彼女はいつからだろうか、四国で見たヤマアジサイに魅せられて、四国を訪れるたびに買ってきたヤマアジサイがいま、かなりの種類集まって咲いている。
これほどのヤマアジサイがあったなんて・・・・それが、まぁ、かわいいこと!
地味だけど、心惹かれる花色だ。
友人が魅せられて集める気持ちがよくわかる。
以前はチューリップやらパンジーやら・・・季節季節の花で賑わっていたガーデンも、今はすっかりとアジサイガーデンにかわっている。

少しずつ紹介したくて、カメラに収めてみました。

525iyousuzumi


これは、”伊予薄墨(いようすずみ)”
私はこの色合いが一番好き・・・で、やはり最初にカメラに収める。


525yaeamacha


これは、”八重甘茶”
アマチャは、私も大好きな花。
八重咲きもあるんだ~~


525tosaryokufuu


これは、”土佐緑風(とさりょくふう)”
これから花びらの中に、緑の・・・何て言ったかな?・・・紋が入るって言ったかな? 
模様が浮かんでくるらしい。
聞いてもすぐ忘れる~~(*^_^*)


まだまだいっぱいあるのに、ここで、バッテリー切れ
やれやれ、カメラのチェックまで怠っていたとは・・・・(ーー;)

後日、改めて・・・・

| | コメント (5)

1週間ぶり 

5月25日(月曜日)


いや~~ 気づけばもう1週間もブログを放っていた・・・・ 
この10日ほど、何かに憑かれたように家の中の掃除をしていた。
冬の間は寒いからと、片付けも埃も見て見ぬふりをしていたのだけど、暖かくなって光も強くなると、それが気になって、気になって・・・
網戸の季節ももうすぐだし・・・と、その作業はオットにお願いして・・・
網戸がきれいになると、今度は窓の汚れが気になり、せっせと窓磨き・・・・窓がきれいになると、部屋の中が気になり・・・コタツをあげるとなおさら気持ちのいい空間が作りたくなる。
ピアノの上に積み上げていたDMやら本やら・・・お孫達のオモチャ・・・それらの片付けも大変だった。
息子が受験勉強に使っていたテキストやら、大学で使っていた書籍やら・・・それもやっとこさ片付けた。
まだまだ娘の部屋も片付けたいんだけど・・・これは絶対に触るなとお達しが出ていて手がつけられず・・・もうしばらく見て見なかったことに・・・・

と、いうわけでネットの世界から少し離れて、現実の世界で泳いでいた。

パソに向かってロ_ヘ(^^;) カタカタしている瞬間も楽しいけど、離れてみるのもたまにはいいな~って思った。
このままネットから離れてみようかな・・・そう思う気持ちも湧いたりしたけど・・・・でも、もう少しお付き合いしてもらおうかな?(*^_^*)

・・・・・・・・・    ・・・・・・・・


母は焼きイモが大好物だ。
野菜売場で徳島産のを見つけては籠に放り込む。
それを鍋でふかして食べていたのだが、先日生協のパンフレットで焼き芋用の遠赤外線のお鍋を見つけ注文した。
それが配達されてきたので、さっそく・・・

525yakiimo


思った以上においしい焼き芋が出来上がった。
これは重宝しそうだ。
さつま芋の他に、トウモロコシもお魚のホイル焼きも出来るって・・・・気に入るとしばらくハマる私・・・
このお鍋を使う料理がしばらく続きそうだ。 (*^_^*)

| | コメント (2)

黒竹の筍

5月17日(日曜日)

昨日のこと、お孫達と庭で遊んでいて、黒竹の筍が生えているのに気が付いた。
繁殖力が強いのかニョキニョキと出てきては、狭い庭を占領してしまう。
オットのお気に入りなので、全部抜いてしまうわけにも行かず、毎年筍が生えてきては抜いていた。
hiroやkoのおもちゃになればと、抜いた筍を渡して、ふと・・・

517kurotake1


ん~~・・もしや、もしや?・・・これって食べられるんじゃないかな~~( ‥) ??

って思った。

振りまわして遊んでいた筍を没収して、糠で湯がきアク取りをしてみることに・・・

ふ~ん、普通の筍と変わらないじゃん! 柔らかくておいしそう~~(*^_^*)

517kurotake2


もともと食用ではないので、やめとけ・・・ってオットは言いますけどぉ~~

いや、食べてみたい!!

でも、もしお腹が痛くなったら・・・それは困るし・・・

こんな時のネット頼み! 検索してみると食べられるってあるじゃない~~♪~(^ε^( )

ふんふん、マヨネーズで・・・(._.) φ メモメモ  

ワカメとも合う・・うんうん、なるほどぉ~(._.) φ メモメモ

517kurotake3


517kurotake4

で、頂きました~~(^¬^)

うん、普通の筍と変わりなく、細い分食べやすい。
醤油マヨネーズで食べたサラダ風筍、これはおいしかった!
ワカメと煮たのは、味が沁みるまでもう少し置いていた方が良かったかな?
でも、薄味で素材の味が生きて、これはこれでいいかも。
季節を味わうことが出来る食材が、狭い我が家の庭でも採れるなんてね~♪
今まで邪魔だと思っていた黒竹・・・ごめんなさ~~い~ これからは大切にするからね。(*^_^*)

| | コメント (8)

鞆のみりん

5月15日(金曜日)

私はよくみりんを使う方だと思う。
若い頃は、みりんの種類がこれほどあるものとは知らず、酒屋さんで売られている「宝みりん」をず~~っと使っていた。
それでも、スーパーで売られている”みりん風味”とはひと味違うので、それはそれで満足して使っていたのだ。
それがいつしか・・・ん~~、生協で買い物をするようになってからかな? 各地の特産として出ているみりんに興味を持ってそれを使うようになっていた。

そして何年か前に鞆を訪れたとき、保命酒やその酒粕を買いに入ったお店で、この保命酒で出来たみりんがあることを知った。
どんな風味なのかわからないので、最初は500mlのを買って帰ったのだった。
それが思いのほかおいしくて・・・まろやかさが自然なのだ。
それ以来なくなると一升瓶を買いにたびたび訪れるようになった。

大体切らさないように買っておくのだが、先日うっかり切らして・・・で、とりあえずと他のみりんを買ったのだが・・・な~んか違う・・・
どうもみりんの味が勝ってしまうのだ。

やはり鞆のみりんがいいな~~
そう思うと、きょうはどうしても買いに出かけたくなった。
この週末は雨だと言っていたし、ぶらりと観光気分を味わうのもいいかも・・・と、母をお伴に出かけてきた。

515mirin1

515mirin2

私が使っているのは、鞆でも有名な「入江豊三郎本店」のみりんだ。
同じ保命酒のみりんでも、お店によって味は違うのかな?・・・と思いながらも、ついつい慣れた味がいいかな~と、いつも同じお店のを買う。

みりんを買ったあと、車をお店の駐車場に停めさせてもらって、ランチ&散策を楽しんで帰ることにした。

515tomolunch1

シーサイドホテルのバイキングも好きなんだけど、バイキングはついつい食べ過ぎるので、きょうはまだ一度も入ったことのない和食のお店を選んだ。
シーサイドホテルの左隣にある「鯛亭」、これはみりんを買ったお店の方のお勧めで、お魚がおいしいですよ!の言葉に惹かれて・・・(*^_^*)
お勧めのお店だけあって、とってもおいしかった。
量も私や母にはちょうど・・いや、少し多めかな?
・・・ヒジキの煮物・いろいろ盛り合わせプレート・お刺身・メバルの煮付け・潮汁・ご飯とおつけもの・・・
大満足だった。 これで1680円。
メバルの一品がない鯛刺身定食は1365円。
板さんの料理が味わえる本格派のお店だった。

鞆の浦 鯛亭
福山市鞆町鞆550-4
電話 084-982-0481

お腹も気持ちも満足、満足~(*^_^*)
このあと、ぶらり、ぶらり~と波止場をまわって・・・

515tomo3


515tomo4

竜馬ゆかりの町屋、それが宿としてリフォームされ、最近オープンしたと報道されたのはここだったのか~!!
雰囲気がいいね~♪
ランチ、今度はここでしてみようかな?

鞆の路地も趣きがあって落ち着く。

515tomo5


515tomo6

515tomosakuraya1


515tomosakuraya2


そして路地の途中にある「櫻や」、江戸時代に建てられた町屋がそのままカフェ&ギャラリーになっている。
真冬は閉められているが、月毎になにか催しをされている。
展示会であったりコンサートであったり・・・
今月は「京焼陶器展」ということで、雅な器が展示即売されていた。

レトロなテーブルに座って、桜アイス最中を頂く。
ほんのりと桜の花の匂いがする甘み、非日常な空間・・・ほ~っと肩の力が抜ける思い。


515tomo1_2


515tomo2_2

近場だけど、ちょっと観光気分が味わえて楽しむことが出来る鞆は、たまにふらりと訪れたくなる。
母もいい気分転換になったようだ。

| | コメント (3)

ひじきの煮もの

5月13日(水曜日)

久し振りに乾燥ひじきを使ってヒジキ煮を作った。
ここ数年は、水戻しがいらない手間いらずの缶入りのひじきを生協で買って使っていた。
缶をパカッ!と開けて、そのままお鍋に入れて使える便利さに、味のことなど考えもしないで使っていた。

晩御飯の支度をするちょっと前に、ボールにお湯を張って、この頂いた乾燥ひじきを浸してその場を離れた。
用事をすませて再びキッチンに戻ると、ぷ~んといい香りが鼻先をくすぐる。
缶入りのひじきでは味わえない香りだった。

・・・そうか~~、本来のひじきはこんなにいい香りだったんだ~・・・

そういえば、この頂いたひじきは”お取り寄せのもの”だと言われていた。
だからかな? 特別においしいものなのかも知れない。

炊きあがる前から、おいしさがわかる香りだった。
これからは手間を惜しまず、こんな乾燥ひじきを買ってストックしておくことにしよう。
栄養面でも、お日さまの”ひと吹き”がかかった分、より栄養価が高いかも知れない。

513okazu

今夜の晩御飯

サンマの塩焼き
ひじきの煮物(乾燥ひじき・ニンジン・茹で大豆・竹輪・豚こま切れ肉)
きんぴら(牛蒡・ニンジン・胡麻・豚肉)
キュウリの酢の物(キュウリ・ちりめんじゃこ)


mimiと散歩に出たお嫁ちゃんが、たくさん出来たので・・・と、”きんぴら”を持って来てくれたので、お返しにこの”ひじき煮”をお裾分けした。

ヒジキの味見をしている私を見たmimiが、「mimiも~~」って言うので、少しお皿に盛って食べさせたら、ペロリと食べた。
小さな子には食べにくい食材だと思っていたので、パクパクと食べている姿にちょっと感動!
そういえば、サラダも好きだと言っていた。
きっとお嫁ちゃんがバランスを考えながら、野菜もしっかり使って作っているんだろうね。

・・・・きょうは3週間ぶりのABCの日。
クラスの後のランチにも久しぶりに参加。
おしゃべりを楽しんで帰った。

513lunch


基本的には和食が好きだけど、自分では作れないこんな洋風料理とかイタリアンパスタなんか、ランチとしては嬉しい。


| | コメント (6)

中華ちまき

5月10日(日曜日)

今年はたびたび筍を買って食べた。
新鮮な筍の皮をみていると、このまま捨ててしまうのが惜しい気がしてこれを使って中華ちまきを作ってみることにした。

子供たちがまだ学校へ行っている頃、
気の合うお友達とよくお昼にポットラックパーティをしていた。
その時に教えてもらった中華ちまき、それがとてもおいしくて、
何度か作ろうと思いながらも、手間がかかるので、ついついいつか・・・
で終わってしまっていた。

筍の皮を干していたのを使って・・・
カサカサに乾いてしまったのをお湯で戻すのを忘れていたので、
お皿に水を入れ、その上に皮を乗せて
レンジでチン!
少しはやわらかくなったけど、充分ではなく、
固さが残ってきれいな三角形には出来なかった。
難しいので、あとはアルミホイルで包んだ。

材料 (4人~5人前)

 もち米     5合
 サラダ油    大 2杯
 ごま油     少々
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 鶏肉       300g
 椎茸       3枚
 人参       100g
 茹で筍      100g
 茹で大豆     200g(1.5カップ)
 サラダ油     大 2
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
スープ
   中華スープの素    1袋
   水             4カップ
   醤油           大匙 2杯
   砂糖           大匙 1 1/3 杯
   塩            小匙  2/3 杯
   酒            大匙 1杯
            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クッキングホイル


作り方

 1  もち米は7時間から8時間つけておいて、材料を切る間
    ザルにあげておく。

 2  鶏肉(豚肉でも焼き豚でもいい)、椎茸、人参、茹で筍を
    5mmぐらいの角切りにする。

 3  ②を炒め、スープを入れ、水分が2/3になるまで煮込む。

 4  もち米を炒め、③を加え、水分がなくなるまで炒める。

 5  茹で大豆を加えて炒める。

 6  クッキングホイルを幅8~9cmに切って、
    三角形の袋を作りそれに↑を詰めて包む。

 7  蒸し器で強火で25分から30分蒸す。

これで30個ぐらいできるかな?
出来あがりの数を数えようと思いながらすっかり忘れて、息子のところに持って行ったのと、食べてしまって・・・あ、それと残ったのもあったし・・・結構たくさん出来る。

59chukachimaki

コツもわかったし、今度子供達が集まるときには、これを作ろう!
残って次の日にまわしても、全く固くならなくて、味も変わらないのが嬉しい。



| | コメント (6)

初夏 いろいろ

5月8日(金曜日)

連休明け、出勤して4歳児クラスに入ると、正面の棚に置いてある瓶に目が留まった。
なにやらいっぱいうごめいている様子。
蚊を大きくしたようなものが飛んでいるようにも見える。
何だろう・・・って近づいて、瓶を手に取ると・・・ギョッ!(@_@;)  ギョッ!(@_@;)

57kamakiri1


カマキリの赤ちゃんがいっぱい生まれていたのだ~!! (@_@;)
この卵は、4歳児がGW前に散歩に出て拾って来て置いていたようだ。

57kamakiri2


こんな小さなカマキリを見るのは初めてだ。
色は緑色じゃないんだね~~・・・緑ならもっとかわいいのに・・って勝手なことを~(^^ゞ
マクロレンズで覗くと・・・
イッチョマエにぎょろぎょろ目玉で睨んでる~~ ふふ♪ でもかわいい~♪

のり面の草はらに放したけど・・ちゃんと育ってくれるかな?


58okazu

きょうの晩御飯

舌びらめのムニエル

筍の木の芽和え
  若いころは苦手だった木の芽和えが、どうしたことか最近では
  おいしく感じる。
  木の芽和えが作れるほどの木の芽があるといいな~って
  昨年つぶやいたのを聞いたオットットが植えてくれた山椒の木に、
  見ると数えるくらいの小さな葉っぱが出来ている。
  木が枯れない程度にちぎって、作ってみた。
  小さく切った茹で筍に、ダシ、お砂糖、お醤油で下味をつけて煮る。
  すり鉢で木の芽をすり、白味噌とお砂糖を加えて煉る。
  それに煮た筍を加えて混ぜる。
  筍にはあいだって言っていた母も、これはおいしいね~と言って食べていた。
  

キュウリの酢の物


そして・・・今夜のお風呂は・・・薔薇風呂~~♪ (*^_^*) ♪

58barafuro


いつもだと、さささ~っと、体が温もるか温もらないかの瀬戸際で出る私だが、今夜はこの薔薇をすくったり、香りを楽しんだり・・・湯あたりするほどお風呂の中で遊んでしまった。 (*^_^*)
で、次に入ったオットット・・・

   「なんじゃぁ~こりゃ~~!!!」

もう、そんな大声で驚かなくても~~~  薔薇風呂を楽しんでくださいな~~(^m^)

| | コメント (5)

四国カルストへ

5月連休の後半、子供の日に四国カルストに行ってきました。

高速道路はどこも渋滞と聞いていたのですが、
行きはスムースに流れて、
目的地には4時間弱で行くことができました。

55shimanami2


55shikokukarst6


55shikokukarst34


55shikokuikariso5


四国カルストは想像以上素晴らしく、とっても楽しむことが出来ました。
帰りのひどい渋滞を除けば・・・・ですがね~~(*^_^*)ポリポリ

詳しくはメインのHPにアップしました。
長いですけど・・・もしお時間があれば覗いて見て下さいな!

 こちら → 四国カルストへ

| | コメント (6)

葉ワサビにはまって

5月1日(金曜日)

先月の29日、昭和の日・・・(4月29日は、昭和天皇が亡くなられた後は、みどりの日って言われていたのに、これっていつの間にか昭和の日に変わっていたんだね~、きょうまで知らなかった)・・・・に島根県にある船通山に登ってきました。
その帰り道に立ち寄った道の駅で、葉ワサビが売られているのに目がとまり、またまた買って帰ってしまいました。

先日買った葉ワサビよりも新鮮で大きく、それにレシピがついていたので、もう一度作ってみたくなったのです。

430takenokowasabi

そうそう、筍も新鮮で、土から出たばかりのようなのが、1本150円で売られていたので、それも買って帰って・・・

こんな季節限定の食材は、心がときめきますね~~♪

筍は米ぬかで2時間近くゆがいて、そのまま12時間ぐらいつけたままにしておくと、アクが取れるとか。

で、さて、わさびの葉を使って・・・・

ついていたレシピをそのまま書き写しますね。

山わさびの葉の食べ方

1  水洗いし、ゴミなどを取り除く。

2  葉と茎を適当にちぎる。 (包丁は使わずに、手でちぎる)

3  ざるにワサビを入れ、上から熱湯(80度くらい)をかける。
   それを、3~4回繰り返す。
   注意! かね製、ステンレス製のざるは使わない。
   苦みが出る。

4  そのあと、ザルをよく振るかもんで刺激を与える。
   (辛くなる)

5  しばらく蓋をして蒸らし、少しさめてから手でよく絞る。

6  お醤油を上からかける。
   量は好みで。

7  好みで酢や砂糖を少し足してもおいしい。

8  密封容器にいれて冷蔵庫で冷やす。

9  2,3時間もすればおいしくなる。
   頂く時に好みで花カツオや醤油をたして、どうぞ!


430wasabiduke_2


私は、密封容器にダシ醤油、お砂糖、酢を入れて、葉を漬け込みました。
ダシ醤油だけでもおいしいと思っていましたけど、三杯酢の方がよりおいしく、私としては、こちらの方が好みかな?

初めての味でしたけど・・・山わさび、今年はハマりましたね~~♪ (*^_^*)

島根県・船通山の山歩き記は   こちら

気持ちのいい山歩きを楽しんできました。(^_^)v


| | コメント (9)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »